Rss

出産祝いのマナーと基本。

親戚や友人に赤ちゃんが生まれたとき、おめでとうの気持ちをすぐに伝えたいものですが、出産祝いにもマナーと基本がありますので、初めての場合にはしっかりマナーと基本を守ってお祝いをしましょう。出産祝いは必ず、赤ちゃんが生まれてから送るのが基本です。出産にはさまざまな問題が付きものです。そもそも赤ちゃんが無事に生まれてくるということ自体、奇跡のような出来事です。出産の際に赤ちゃんや母体に万が一のことが起こらないとも限りません。万が一のことが起こってしまった場合には、贈った品物が逆に不快な気持ちにさせてしまうことも考えられます。そのようなことを考慮したうえで出産祝いを送らないと逆に失礼となってしまいますので、出産祝いは必ず赤ちゃんが無事に生まれたことを確認してから贈りましょう。赤ちゃんが生まれたと聞いたら一日も早く赤ちゃんに会いたいと思いますが、出産直後のお母さんはとても疲れていますので、よほど親しい仲でない限りは生後7日から1ヶ月くらいを目処に贈るようにしましょう。

どうしても直接会って手渡ししたいという場合には退院後2週間程度時間をあけましょう。また、伺う際にはお母さんや赤ちゃんの体調を考えて伺い、短い時間で帰るようにしましょう。初めての育児の場合には、慣れない育児で疲れていることも考えられますし、赤ちゃんの睡眠サイクルに合わせて昼間睡眠をとっているという事も考えられますので、事前に確認を取ってからお邪魔しましょう。事前に確認がとりにくいと感じる相手の場合には、それほど親しい間柄とは思えませんので、直接お祝いをもって伺うのは避け、赤ちゃんは数ヵ月後見せてもらうようにしましょう。出産祝いはお祝い金を包むか、お祝いの品などを渡すのが一般的です。お祝いの気持ちを包むのだから相場は関係ないとはいいますが、実際には贈る側の年齢と相手との関係によって金額には幅がありますが、5000円から10000円が相場となっています。また、住んでいる地域の習慣などで違う場合がありますので、地域の習慣に習うようにしましょう。最近ではお祝いを受け取った相手が負担に感じないように、赤ちゃんや出産を終えたお母さんの記念になるような品をお祝いとして贈るケースも増えています。お祝い金を包むのか、包む場合にはいくら包むのか、お祝い金を包まずに記念の品を送るのかどちらにするのかはお付き合いの程度やこれからの関係に合わせて自分にとってよい方法を選んで赤ちゃんの誕生をお祝いしてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*