Rss

電話

片思いのしている子の恋愛相談をこの前、電話でしたのだけれど、何というか最初の方にあちらから急に電話がかかってきた。夜の12時だったのでもう寝ようかなって思っていたところだったので、出るか迷ったけれど、結局電話に出て合計3時間くらい電話で話してしまった。最初、電話がかかった時に、あちらの電波が悪いのか、電話が切れてしまって、こちらからかけ直した。
今考えると、その3時間の恋愛相談の電話というのは結局、私が電話代を払ったのか?と考えると何だか腑に落ちない気がする。もうこうなったら、携帯電話会社がやっているサービスで指定の相手に対して無料通話が出来るものがあった気がするけれど、もうそれに指定しようかな?とは思っています。どういうわけか、片思いをしているその子から恋愛相談を受ける時は、なんだかんだいって私が電話しているケースが多い(苦笑)ので、もう指定してしまえば良いのじゃないの?と思います。
恋愛相談の内容としては、今回も他愛のない話しで、よく電話口から聞こえるのは「ありえない!」「これってどう思う?」「ひどくない?」とかそういった単語。こちらとしても、そういったいつもの恋愛相談に対してのいなし方(?)が分かってきた感じなので、大体が「分かる分かる」「大変だったね!」「それはひどいと思うよ」とかそういった単語でおおむねいなしていました。ただ、いなしていたと書いていてもあっちは、こっちの話しに対していたく感心したみたいで(まあ、これもいつものことなんだけれど)電話の最後のほうでは「〇〇君と恋愛相談にのってもらって、ほんと私が何に悩んでいるかよく分かった!今回もありがとね。あと、早く新しい彼女作ってね!」と言ってました。最後のは余計なお世話だとおもうけれど、あっちとしてはどうやらスッキリしたようです。自分としても、ようやく寝れると思ったら、携帯電話に違う女の子から、メールが来ていました。20分前にきたメールで「良かったらまた恋愛相談に乗ってください。今日はずっと起きているので電話くれると嬉しいな」。やれやれ、今日はなかなか寝れそうにないなと思ったのを覚えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*